スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

読書メモ:サムスン恐るべし

 サブタイトルがオドロオドロシイ。
 何故、日本企業はサムスンに勝てないのか!?
 『恐るべき企業、サムスン』を知ろう。
 ”純利益1兆円・世界最強企業”を解剖する!
   ...
 純益1兆円=トヨタに匹敵するが、企業戦略が違う。
  →製品分野毎に、戦略を変える:低機能価格勝負.vs.高機能ブランド勝負。
 半導体分野:10年間で、日本企業を抜き去る。シリコンサイクルで、逆の戦略。
 中国富裕層=6500万人:DigiCame+携帯の『デザイン』で勝負。AnyCall
  ← 日本の通信インフラは鎖国状態:また、官僚の失政か? iPhone/AnyCall使いたいなあ.. 邪魔者は誰?
 固定費差:17%/24%=サムスン/ソニー
  →安物に集中できる。 ← 韓国/IMF支援を逆手に企業体質を健全化、固定費削減に利用。
 日本の消費者は厳しい:小売業・化粧品には、踏み込まない。
head
JUGEMテーマ:読書


JUGEMテーマ:オススメの本


| 読書感想 | 14:04 | comments(0) | trackbacks(12) |

読書メモ:CO2削減の謎

文芸春秋:地球はこれから寒冷化する ..より
CO2削減は、温暖化阻止との相関が少ないらしい。 誰かのMakeDrama?
■論点は:
(1) 主因は、太陽活動が活発なこと。CO2増加は、影響少ない。
(2) 銀河宇宙線の飛来量が影響する。
(3) 地球磁場の変動が、起因。
(4) 日本のマスコミが拠り所とする、IPCCはCO2主因と断定していない。

 .. 数年後に、太陽活動が低下して寒冷化したら、現代の政治・マスコミは笑いもの?
   歴史家から、笑い者?

  CO2→ECO→... で、新製品を出して需要喚起して儲けているのは ...?


| 読書感想 | 09:43 | comments(0) | trackbacks(14) |

読書メモ:アメリカ情報

これも、光文社paperbookからの引用: 昨日の丸善では、まとまったcornerが存在しなかった。系列?
(1) 学歴の差によって、年収は3倍以上。学校格差で、X+α。
(2) 米国の輸入元:日本↓中国↑。対等外交を目指す中国は、日本が経済復興期に受けた圧力をどう撥ね返すか?

head
| 読書感想 | 12:16 | comments(0) | trackbacks(22) |

陰謀説

これも、光文社ペーパーバックスからの引用:

米国は、軍産複合体が優勢な時、戦争を起こす。 とのこと。
(1) JFKが暗殺されたのは、ベトナム戦争に反対したから。
(2) イラク戦争を正当化する為、911が発生した。
  ←イラクに核兵器が存在する証拠を公開していない。
  ←ペンタゴンに空いた穴は、飛行機より小さい。【謎】
  ←ビルの倒壊には、連続爆発音が聞こえた。 【謎】
元HP 
  この証拠ビデオは、UFO記事よりも説得力有り。
 本屋で発見しました。最新刊:2007/04ですね。
光文社紹介記事:『陰謀論の罠』
| 読書感想 | 17:04 | comments(0) | trackbacks(39) |

光文社ペーパーバックス

>最近発見した光文社ペーパーバックスは、図表が多く素人でも理解しやすい。
>国際金融関連の歴史的背景に興味があり、関連書籍を拾い読みしている。
 また、買ってしまいました、BookOffで3冊1650円。金融関係です。論調が似ているが、引用する文献と、論理が微妙に違う。
 著者は、理系のRetire組み、国民新党関係者、etc.
 KeyWordは、官僚、米国、国債、中国、経済、破産、理想、... です。
 徐々に、気になる論調をmemoします。

 →【共通の論調】
 消費税は、上がる。参議院選挙には無関係。
 日本の国債ランクは、最低→先進国と言えない。国連常任理事???
 景気回復しない、政治家は問題先送り、公定歩合上げると日本財政の首を絞める。
 戦時中は、国民に国債購入を強制。数年後には、同じ事を強制される。

【追加メモ】 ← ちょっと偏っていると思う。
(1)日本は、役人支配国家。既に国家運営に失敗している。
(2)増大する国債発行を止めるには、深層には、超インフレと、戦争待望論が渦巻いている。
| 読書感想 | 09:30 | comments(0) | trackbacks(3) |

読書メモ:IMF占領

最近発見した光文社ペーパーバックスは、図表が多く素人でも理解しやすい。
国際金融関連の歴史的背景に興味があり、関連書籍を拾い読みしている。
 以下、メモがてら抜粋する。
2008年危機→
1998年:小渕内閣が編成した40兆円の10年物国債の償還に、年間数兆円のが必要。公定歩合を上げれば、さらに数兆円の借金が増加。
 →国家財政破錠→日銀への圧力。・・>>参議院戦惨敗→谷垣回帰(?) ←推理含み..
公債残高累増危機→
建設公債残高+特例公債残高→500兆円:
 国家財政破錠→IMF管理下【韓国は数年で克服】→ネバダレポート:公務員のボーナス・退職金:CUT。
  ←US国債の下支え(76兆円)は、全体の15%。TVのコメンテータは、定量的に発言を期待。
head 個人として、どう準備するか? バブル崩壊で、アタフタしたように、無防備は御免だが。
| 読書感想 | 09:03 | comments(0) | trackbacks(15) |

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent trackback
Recommend
トウ小平の遺産―離心・流動の中国    岩波新書
トウ小平の遺産―離心・流動の中国 岩波新書 (JUGEMレビュー »)
田畑 光永
中国4000年、共産党支配の資本主義化は自己矛盾を内包、どのような歴史の中の位置付けと解説されるか?
Recommend
Recommend
ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちくま新書)
ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちくま新書) (JUGEMレビュー »)
梅田 望夫
勉強になりました、関連書籍を濫読中。
カウンター
ブログパーツUL5
天気
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM